archive
category
  • カテゴリーなし

postheadericon 大切な家族

十五年も共にいれば、立派な家族です。
寝相が悪いところとか、いつもは散歩をねだる癖に天気が悪いと行きしぶる調子の良さとか、安いドックフードは嫌いでいつも美味しいところだけ食べて残してしまう意地汚いところとか、全部含めて私は飼い犬のペコが好きでした。
私が寂しいときにはそれを察して寄り添ってくれるところとか、小さいときからずっと遊び相手をしてくれていたところとか、本当に、ペコと私は仲の良いきょうだいのように、家族だったのです。

ペコを棺にいれ、ペット葬儀会社の火葬車に入れるまでの間、私はこの十五年間を何度も繰り返し思い出していました。
そして、これから何十年と続く私の人生に、もうペコの姿はないのだなあと思うと、自然と涙がこぼれてくるのを抑えることができませんでした。

ペコが亡くなってすぐに、私はペット葬儀会社に連絡をしました。歳をとって、めっきり弱々しくなってしまったペコの身体を、火葬にしてあげたい。そうして供養したいと、ただその一心を願っていました。
ペット葬儀会社への手配は滞りなく済み、翌日には火葬車を自宅の近くまでだしてくれました。火葬車なら、自宅の近くで火葬にし、供養してあげることができます。最後の最後まで、病院ではなく自宅にいると言って効かなかったペコのことですから、これが何よりの供養になると信じています。

ペット葬儀も、人の葬儀も、その形は変わりません。火葬して、埋葬して、供養してあげる。それがすべてです。
霊園の紹介も、ペット葬儀会社がしてくれたので、滞りなく見つけることができました。

自宅から一番近いペット霊園で、ペコは今、眠っています。

オススメサイト

大事なペットの葬儀をするなら|北摂池田ペット霊園
大切なワンちゃんが亡くなってしまったら、きちんと見送ってあげたいですよね。ペット葬儀 東京にあるのをご存じですか?専門なので安心ですよ。

ペット葬儀についてのあれやこれ:大切なペットが亡くなったら
安らかに眠るためのペット供養を:ペット葬儀なび

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031